■バリアブル印刷でDMにインパクトを

弊社のおすすめしている圧着DMを、A4・8Pの製品パンフレット送付に導入され、開封率アップと封入・封緘の工数削減にご活用頂いておりましたが、更にインパクトがあり、かつ発送費用のコスト削減が出来るDMはないものかというご要望を頂きました。

バリアブル印刷でDMにインパクト!問合せに手軽さを!

お客様のご要望もあり、裏面に連絡先を記入する(またはゴム印を押す)だけで、そのままFAX送信できるよう、ペラ1枚の厚紙でDMを作成しました。
ペラ1枚ですから、DMの最大の悩みの種「開封率」を気にする必要がありません。
更にインパクトを上げる為、宛名面にバリアブル印刷(※)を採用し、アプローチ先の医院名を画像内に刷り込みました。

※バリアブル印刷とは、顧客名など、1枚ずつ異なった情報を印刷できる印刷技術の事です。

提案ポイント

  • そのままFAXできる手軽さをもたせたDMに
  • バリアブル印刷でアプローチ先名を刷り込んでインパクト強化
  • 表面。橋の表面の文字がバリアブル印刷で刷られています。

    表面。橋の表面の文字がバリアブル印刷で刷られています。

  • ある程度の長さを持った単語・文章でも対応できます。

    ある程度の長さを持った単語・文章でも対応できます。

  • 裏面。必要事項を記入するだけでそのままFAX問い合わせができるようになっています。

    裏面。必要事項を記入するだけでそのままFAX問い合わせができるようになっています。

結果
今まで以上にインパクト強調したDMができ、企業イメージの浸透というもうひとつの目的も達成できました。

Copyright © 2003-2009 Futureworks.Inc All rights reserved.